福山通運とは

緑のトラックで有名な運送事業者が福山通運です。本社は広島にありますが、全国的に有名な企業と言えるでしょう。なぜ福山通運のトラックを全国的な規模で見かけるかといえば、 100円ショップで有名な「ダイソー」の物流を担当しているのがこの福山通運だからです。この福山通運は近鉄グループ系列にあたり、またたち物流と提携関係を持つなど、さらなる事業展開を図っています。さて、この福山通運でも、単身向けおよびファミリー向けに引越し業者としても活躍しています。単身向け引越しサービスでは「青春引越便」や「ミニ引越便」と呼ばれるサービスを実施しており、選手引越便の場合は日本通運やヤマトホームコンビニエンス、西濃運輸などと同じようにボックスを用いたパック料金サービスとなっています。そのボックスの大きさは1.1 m ×1.9 m ×1.1 mで、それなりのスケールがあるボックスであるといえます。また、通常のファミリー向けなどの引越しでは「フクツー引越便」というパッケージが用意されていて、これは今冬から家具設置まで全部お任せできるサービス。ピアノの輸送、家財の一時保管、エアコンの取り付け、取り外し、切符や宿泊の予約、不用品の処理といったオプションサービスを追加で持ち込むこともできます(ただし、別途料金が必要なのは言うまでもありません)。さらには海外引越し屋事務所や会社の移転をも、福山通運は引き受けており、大規模な輸送ネットワークを生かして、引越し事業に全面的に臨んでいます。