引越し業者と交渉バトル?

引越し料金の見積りを決めるにあたっては、複数の引越し業者に見積もりを頼んで、相見積もりをするというような方法が最も有効である、ということが言われます。これは、引越しに先立って転居先の賃貸料金や、購入料金の見積りを出すというような場合でも同じことですよね。不動産業者であれ引越し業者であれ、ある程度は「値下げ」の幅が用意されているものですし、そのいずれも「空き」があるよりは、たとえ安く命じられたとしても徴収できる料金があった方が良いという判断をする傾向があります。不動産屋であれば部屋の空きを気にしますし、引越し業者であれば、スケジュールの空きを気にします。その様なわけで引越し業者との値段交渉においては、まず引越し業者にとっては埋まってほしい日程について聞き出し、その似ている引越しをした場合でのみつもり料金を出してもらうことが重要です。もちろん自分自身にもスケジュールがあるでしょうから、可能な引越しみの中で最も料金が安い日はいつであるかという点を聞き出す必要があるでしょう。相見積もりというのは、このような日程の調査を行ってから行うものです。ただ一言で何も分からずに会見つもりに臨んだとしても、むしろ引越し業者の思う壺になってしまう可能性があります。あるいは、いたずらに料金の値引きを懇願して引越し業者に疎んじられるという可能性すらあります。変に引越し業者の顔色をうかがう必要ありませんが、業者にとって納得可能な値引きに持っていかなければ意味がありません。

引越し業者と交渉バトル?関連ページ

近年の動向
最安値の引越し業者はどこの会社なのか?あなたにとっての最安値の会社がすぐに分かります。
お金について
選びの注意点
情報サイトを見るときは・・・