アリさんマークの引越社

引越社はその企業名よりも「アリさんマーク」と言うニックネーム方が有名かもしれません。 1971年に愛知県の名古屋市で設立された企業です。日本通運、ヤマトホームコンビニエンス、酒引越センター、アートコーポレーションなどと比較すると、その売上高は200億円ほど下回っていますが、関西及び中京圏ではきわめて高いしや実績を誇っています。また、オリコンの顧客満足度ランキングなどで首位に輝いたこともあり、その高い実績が評価される。引越し業者であるといえます。再三マークの引越社では大手引越し業者ならではの引越しサービスがあります。それは、 JRコンテナ便を用いた長距離引越しサービスです。これは、引越し荷物の搬出の際に、引越社のスタッフが直接、トラック内のJRコンテナに荷物を積み込み、そのコンテナをそのままJRコンテナ駅に預けます。そして転居先のある地域のJRコンテナ駅まで列車で運んで、さらにそこから隠居先へトラックで荷物を運ぶと言う 1連の流れで引越しを感じさせるものです。この方式を用いれば、ドライバーやトラックを長時間拘束することなく、トラックでの混載便と同様に、他の利用者の荷物と一緒に一気に荷物を運べますから業者としては非常にコストを低く抑えることができ、それが利用料金にも跳ね返ってくる仕組みになっています。もちろんこれ以外にも、通常のトラックを用いた長距離引越しサービスも実施しているので料金と荷物量に合わせて様々な選択肢から差別を選ぶことができます。